秋のきのこのたきこみごはん

キーワード
秋のきのこのたきこみごはん

秋のきのこのたきこみごはん

鶏の旨味といりこだしの旨味が重なった失敗知らずの炊き込みご飯です。
具材の量と切り方で味が変わるのでひとつひとつの工程を丁寧に行うことでより一層美味しくなります。

調理時間40分
カロリー1人分 761kcal
塩分1人分 1.5g

【材料】

2合
鶏肉100g
えのき1/2パック
舞茸1/4パック
ごぼう30g
にんじん30g
油揚げ1/2枚
しょうゆ大さじ1
みりん大さじ1
大さじ1

作り方

1.
秋のきのこのたきこみごはん

1.米は研いで浸水を30分させます(時間外)

2.
秋のきのこのたきこみごはん

2.ごぼうは十字に切り込みを入れてささがきにします。変色しやすいので水につけてください。

3.
秋のきのこのたきこみごはん

3.えのきは半分に切り、舞茸は手でほぐしていきます。

4.
秋のきのこのたきこみごはん

4.にんじんは厚さ5mm程の厚切りにします。

5.
秋のきのこのたきこみごはん

5.油揚げは熱湯で軽く流してから、5mmほどの千切りにします。

6.
秋のきのこのたきこみごはん

6.鶏肉は、やや小さめの一口サイズに切ります。

7.
秋のきのこのたきこみごはん

7.だしは粗熱を冷ました状態が理想的です。

8.
秋のきのこのたきこみごはん

8.だしとしょうゆ、みりんを合わせます。

9.
秋のきのこのたきこみごはん

9.炊飯器に米と8を入れます。

10.
秋のきのこのたきこみごはん

10.具材を全て入れます。

11.
秋のきのこのたきこみごはん

11.鶏肉を入れます。炊飯器の目盛りがここで2になるようにします。

12.
秋のきのこのたきこみごはん

12.浸水はすでにしているので、炊飯器の早炊きコースで炊きます。
(浸水なしで通常コースでもできますが、浸水した水を捨ててからだしで炊いた方がおいしいくできあがります)

花の将 おすすめ絶品レシピレシピをもっとみる

20分
切り干し大根の煮物
切り干し大根の煮物

食物繊維やカルシウムが豊富な切り干し大根。定番の乾物で簡単に使えて栄養価も高い万能食材です。水で戻す際に、歯ごたえが少し残るように戻すと食感も楽しめます。

15分
小松菜と油揚げの煮浸し
小松菜と油揚げの煮浸し

八方だしをつかったレシピです。小松菜はカルシウムが牛乳の8倍も含まれている冬には欠かせない食材です。煮浸しは3−4日保存もできるので、たくさん作ってお弁当のおかずにもお使いいただけます。いりこだしと油揚げの相性が良く、いりこの素材をそのままいれても美味しくいただけます。

10分
わかめと豆腐のいりこ味噌汁
わかめと豆腐のいりこ味噌汁

いりこの旨味を存分に味わうシンプルなお味噌汁。豆腐はお好みでつるっとした食感を楽しめる絹ごし、食べ応えのある木綿を使い分けてください。

10分
だし巻き卵
だし巻き卵

だしの香りが最も楽しめる卵料理のひとつです。割合だけでなく、火加減が特に重要です。お好きな花の将のだしでお楽しみくださいね。

40分
秋のきのこのたきこみごはん
秋のきのこのたきこみごはん

鶏の旨味といりこだしの旨味が重なった失敗知らずの炊き込みご飯です。具材の量と切り方で味が変わるのでひとつひとつの工程を丁寧に行うことでより一層美味しくなります。

20分
焼き豆腐と白味噌たれが讃岐流 いりこ白味噌おでん
焼き豆腐と白味噌たれが讃岐流 いりこ白味噌おでん

鍋=讃岐の定番白味噌おでんを家庭でも食べやすい市販の焼き豆腐で作りました。臭みがない伊吹いりこのだしだからこそ一つ一つの具材がより美味しくいただけます。豆腐と白味噌の相性が讃岐おでんならではの美味しさです。白味噌はお好みでゆずを乗せると香りが楽しめます。

レシピをもっとみる